ニュース

オンライン帰省は無理で意味不明?単身赴任ならソフトアプリがお勧め

オンライン帰省という言葉がひとり歩きをしております。

というのも安倍総理が放った発言ですがこれが多くの関心を集めております。
GWなどは帰省せずオンラインでという発言に元があるのですが
国民からは多くの疑問の声がでております。

そんなオンライン帰省について調べてみました。




ンライン帰省とは何?

オンライン帰省とは安倍総理が発言した言葉から来ております。

安倍総理自身も強制する発言は出せないので、実際に帰省せずにオンラインを通じて
帰省先と交流してくれという意味の発言ですね。

帰省するにはどうしても移動が必要であり
特に目立つのは東京からの帰省ですよね。

日本で一番の感染者数を誇りますからそんな街の住民が新幹線や車で移動して
帰省先に新型コロナウイルスを広めるのは避けなければいけない事ですので当然ですよね。

なので仕方なくオンライン帰省などという、家にいて帰省先の人と顔を見て会話できる案を提案したにすぎません。




オンライン帰省のデメリットも

ただこのオンライン帰省にはデメリットもあります。

帰省先には高齢の方なども多くて、オンライン帰省が出来ないケースも多いのです。

スマホやインターネットがない家庭もあるでしょうからね。
特に田舎の方はその傾向が顕著でしょう。

なので全てがフォローできることはないのがデメリットですね。
勿論メリットもありますが・・・




ンライン帰省は単身赴任にもお勧め

オンライン帰省のお勧めは、単身赴任の人でしょうか。

子供に会いたい人もいるでしょうが、いつどのタイミングで感染拡大に加担してしまうか分かりませんので、この時期に離れて暮らしている人がいれば、無理に移動せずにオンライン帰省がお勧めでしょうね!

今子育て世代ならば、スマホはほぼ持っているでしょうし
オンライン帰省も十分可能です。

子供を見ている人には負担が増えてしまうかもしれませんが
帰省出来ない人はその分、自分を高める活動でもすればいいのです。




使うソフトはZOOMやLINEで十分

さてオンライン帰省ですが、どんなアプリソフトを使えばいいの?って声もありそうです。

難しく考えないで、インターネット環境がれば使える
ラインやZOOMでいいのではという声がありますね。

どちらも無料で出来ますので無駄なコストも掛からず済みます。

収入が減っている人もいると思いますので
帰省しないでオンライン帰省することには、触れられなく会えない寂しさもありますが
それに変わるメリットがあるとも言えそうですね。