芸能

嵐リモート紙芝居次回はいつで予定時間は?第二話そんごくうだいかつやく

嵐のリモート紙芝居第一話が終わりました。
リモート紙芝居って何?と思っておりましたが
嵐のメンバーが生配信でキャラを演じるというものでしたね。

嵐メンバーの個性もあり、思った以上に楽しめました。

次回もあるという事ですのでその内容について調べてみました。

嵐リモート紙芝居とは嵐の生配信紙芝居

嵐のリモート紙芝居とは生配信で嵐のメンバーが演じきる内容のものでした。

お家にいる子供たちに楽しんでもらえるよう、 お父さんお母さんの時間が少しでもできるよう、 みなさんに楽しんで頂けたらと思います。

という説明もあるのでやはり家にいることの多いこの時期に向けた取り組みといえます。

大人の私がみても嵐のメンバーのやりとりをみるだけでほっこり出来ますし
内容も簡単なのでしっかり頭に入ってきます。

子供と楽しんで見るのにうってつけの番組内容かと思います。
YouTubeなので見たい所からすぐ見れるのもいいですよね。




第一話は「三ぴきのこぶた」

第一話は「三ぴきのこぶた」でしたね。

元々は民間伝承によるものでしたが、1933年のディズニーによるアニメーション映画により多くの人が知るようになりました。

この内容は三ぴきのこぶたは豚と狼の話ですね。
凄い簡単に言うと、命を狙う狼と三匹の子豚とのお話でしたね。
最後には三匹目のレンガ作りの子豚が勝利するという話でしたね。

こういうおとぎ話には教訓があるものです。

簡単に言うと
・手早く仕上げるよりも、凝ったものを作ると安全でいざという時に役に立つ
・勤勉な人間の方が大きな結果を残す

というものが言えます。




次回はいつで予定時間は?

次回の話の予定時期などはあるのでしょうか?
調べてみましたが、次回もあるという事だけで時期や時間などは未定です。

子供向けであること、ファミリーに向けての傾向により
休日の昼頃に公開の可能性が高そうですね。

夜は家にいて何かとせわしないし
昼間でしたら公園とか外出を辞めて嵐のリモート紙芝居見ようってなるかもですからね。

動画自体もまとめっていて見やすいのがポイントですね。
子供もこれを機におとぎ話や本に興味持ってくれれば万々歳ですね。




第二話は「そんごくうだいかつやく」

第二話は「そんごくうだいかつやく」という事で紹介されましたね。

嵐のメンバーも知らないという事をいっておりまして
初見で挑むという事を言っておりました。

初見の方が楽しめるのは間違いないですからね。
一緒にワクワクして見れそうですね。

簡単に話を話すと・・・以下のように買いてありました。

三蔵法師と旅をつづけるそんごくうたちが、助けたおじいさんは、
なんと、おそろしい銀角大王だったのです。そんごくう大ピンチ!

そんごくうの話は色々なものがありますので
こういうのもあるのか〜と思いました。

子供の頃に戻った感覚で楽しんでみたいですね。