政治

岡本行夫がコロナ死亡死因で家族(嫁妻子供)の今現在は?

外交評論家の岡本行夫氏がコロナの為に死去したとの事で
ニュースになっております。

外交評論家という事で、政府に近しい人物がコロナで死去という事で
色々と揺れそうな予感です。

外交評論家の岡本行夫氏について調べてみました。

外交評論家の岡本行夫氏が新型コロナウイルスで死去

外交評論家の岡本行夫氏が死去したと先程放送されました。

新型コロナウイルスで有名人も多く亡くなってきている中で
政府関係に近い人物という事で、注目されそうです。

過去には橋本政権などで首相補佐官を務めていた程の人物であるので
政界にも何かしらの影響がありそうです。

外交評論家の岡本行夫氏が亡くなったのは4月末との事ですが
政府関係者が明らかにして発覚したとか。
なぜ一週間くらい立って、しかも深夜に放送の必要があったのか?
疑問も多いですね。




岡本行夫氏の経歴学歴プロフィール

岡本行夫(おかもと・ゆきお)
生年月日:1945年11月23日 74歳
出生地:神奈川県生まれ
出身地:鎌倉市及び藤沢市で育つ

日本の外交評論家 元外交官
マサチューセッツ工科大学国際研究センターシニアフェロー
青山学院大学特別招聘教授(称号)
出身中学校:藤沢市立鵠沼中学校
出身高校:神奈川県立湘南高等学校
出身大学:一橋大学経済学部

父親は農林省職員で、父親の仕事の関係で
中学2年間クアラルンプールに滞在していたそうです。

父の仕事の関係で今の仕事に従事しているかもしれませんが
すこぶる優秀だったのは事実のようです。




岡本行夫氏の家族(嫁妻子供)について

岡本行夫氏の家族子供についてですが、現在は明らかになっておりません。
年齢も74歳とのことですので
お子様がいれば30〜50歳とかの間でしょうか。

しかしwikiに妻嫁の事も結婚の文字もないことから
結婚はしていなかったのかもしれませんね。

若い頃から経歴を見るとかなりの業務かと思いますので
結婚してなにかの時間はなかったのかもしれません。




自宅はどこで入院先の病院はどこ?

神奈川県生まれということですので
実家(自宅)も神奈川県にある可能性が高そうです。

最後は何県の病院でとかも書いておりませんでしたので
政府管理の病院かなにかで最後を迎えたと考えるのが自然でしょうか。

何にしても詳しいこと、細かいことは何も分かっておりません。