政治

岡本行夫の親族兄弟姉妹は?思想や身長と外交評論家としての知識を調査

外交評論家の岡本行夫氏がコロナの為に死去したとの事で
ニュースになっております。

外交評論家という事であり、元外交官であり
政府に近しい人物がコロナで死去という事で色々と揺れる予感です。

そんな外交評論家の岡本行夫氏について調べてみました。

外交評論家の岡本行夫氏が新型コロナウイルスで死去

外交評論家の岡本行夫氏が死去したと先程放送されました。
しかも亡くなったのは4月末とのことですので、この空き期間が気になります。知られたらマズかったのでしょうか?

新型コロナウイルスで有名人も多く亡くなってきている中で
政府関係に近い人物という事で、注目されそうです。
元外交官であり、今は外交評論家です。

テレビでも注目される役柄でしょう。

過去には橋本政権などで首相補佐官を務めていた程の人物であるので
政界にも何かしらの影響がありそうです。




岡本行夫氏の経歴学歴プロフィール

岡本行夫(おかもと・ゆきお)
生年月日:1945年11月23日 74歳
出生地:神奈川県生まれ
出身地:鎌倉市及び藤沢市で育つ
身長:不明

日本の外交評論家 元外交官
マサチューセッツ工科大学国際研究センターシニアフェロー
青山学院大学特別招聘教授(称号)
出身中学校:藤沢市立鵠沼中学校
出身高校:神奈川県立湘南高等学校
出身大学:一橋大学経済学部

父親は農林省職員で、父親の仕事の関係で
中学2年間クアラルンプールに滞在していたそうです。

父の仕事の関係で今の仕事に従事しているかもしれませんが
外国生活の経験もあり、外交官として言語を操り交渉していたに違いありません。この人物のスペックもまた高かったでしょうね。




岡本行夫氏の親族(兄弟姉妹)について

岡本行夫氏の兄弟姉妹についてですが
現在は明らかになっておりません。

ご本人の年齢も74歳とのことですので
兄弟がいても全員70歳近い年齢でしょうね。

結婚歴すら兄弟姉妹歴すら書いていないので、今回の火葬とか儀式関係も
政府の調達で行われたのでしょうか?

であるならばどこの病院とか、細かい死亡日の報告がなかったのも
なんとなく頷けます。




外交評論家としての思想は?

元外交官、そして外交評論家として生きていく中で
どんな思想を持って仕事をしていたのでしょうか?

そもそも外交官を辞めて、何故外交評論家になっているのかも気になります。
評論家やるくらいなら、自分で外交官としての上の地位を目指してもよかったのでは?とも思っております。

しかし元々上の役職に興味がなくて辞めてしまったとかで
外交官として最前線でやりたかったのかもしれません。

今の年齢では出来ないと判断してのことかもしれませんが
外交官という職が好きだったんだなというのは伝わります。

外交官として素晴らしい知恵を持ち、才能もあっただけに
新型コロナウイルスで亡くなったのは実に惜しいです。

ご冥福お祈り申し上げます。。