ニュース

カビノマスク画像は不良品でいらない不要?受注企業3社はどこで特定?

安倍総理がつけていて全世帯に配布が始まったアベノマスクですが
色々と問題があるようですね。

問題というのはその欠陥具合です。

カビが生えていたり、虫混入というあり得ない現状です。
しかもこれ税金を使ってこれですからね・・・

Twitterでは多くの批判の声が上がっております。

そんなアベノマスク(カビのマスク)について調べてみました。

アベノマスクとは小さい布マスク

アベノマスクとは、新型コロナウイルス感染拡大防止で
政府が税金を460億円ほど使い国民配布を決めた「布マスク」ですね。

この布マスクは配布以前から多くの疑問の声がありました。

そんな多額な税金を使ってやることか?
主に以下のことが言われておりましたね。

・国民に金を多く払うべき

・企業の保証に回すべき

・国会議員の給料減らすのが先

460億もの税金をしかも国民の意見もさほど気にせず作っているから
最近の安倍総理は何か変わってしまったのか・・・

対策遅れなどから以前のような支持率もないですし、もう迷走しているという声も多いですよね。

そしてそんなアベノマスクですが、カビのマスクにリニューアルしたと
Twitterでは話題になっているようです。




カビノマスク画像は不良品でいらない不衛生との声!

知らなかったのですが
妊婦向けの布マスク全戸配布用2種類の布マスクがあったみたいです。

どちらにも不良品があります。

しかし妊婦向けの布マスクは不良品を認め配布中止をしているようですね。
しかし、全戸配布用は継続して配布するようです。

全戸配布用は数も膨大で、既に走り出しているからでしょうが
腐った不良品が来ても使わないですよね。

つけて何か問題が起きそうで怖いので、誰もつける人はいないのでは?
とすら思います。




受注企業3社は興和・伊藤忠商事・マツオカコーポレーション

今回のマスクですが、政府から依頼を受けた会社が分かりました。

つまり欠陥品を作った元ですかね。

その3社は、いずれも知名度のある知られている会社です。

興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社で契約金額はそれぞれ約54・8億円、約28・5億円、約7・6億円の計約90・9億円だった。マスクの枚数など契約の具体的な中身は示されていない。布マスク配布に投じられる予算は約466億円で、福島氏側は3社の契約金額との差額について、さらに問い合わせているという。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200421-00000069-asahi-pol

この3社の責任問題はいかほどなものか想像も出来ませんね・・・

というか誰も確認作業すらしていなかったのでしょうか?
本当にいい加減な仕事をしてくれたなという印象です。




まとめ

受注企業3社は大手です。

余っていた布生地を出しただけなのかもしれませんが、世に出す前に
クリーンにしてしっかりしたものという発想はなかったのでしょうか?

元々専門でないという話ではすみませんし、せめて問題は「小さい」ことだけにして欲しかったですよね。