テレビ

貝澤徹の熊ゴールデンカムイ製作者?木彫りの値段価格はいくらか調査

貝澤徹さんが情熱大陸に出演されますね。
そんな貝澤徹さんですが、実はアイヌの木彫家でありあのゴールデンカムイマキリの製作者ってご存知でしたか?

今回はそんな貝澤徹さんについて

貝澤徹の熊ゴールデンカムイ製作者?木彫りの値段価格はいくらか調査

ということで調べてみました。

貝澤徹さんのプロフィールは?

北の工房つとむ店主である貝澤徹さんですが
アイヌの歴史を継ぐ一人ということですね。

1958年、北海道平取町二風谷にて三人兄弟の長男として生まれる。高校を卒業後に家業の木彫りを始め、アイヌの伝統的技法を取り入れながら、木彫りによってアイヌ民族としての現代的意識や葛藤を表現。代表作『アイデンティティ』シリーズや『ウコウク/輪唱』では伝統工芸にとどまらない表現にも挑戦し、2018年フクロウの卵からの孵化を型取り、次世代への想いを託した『ケウトゥムカンナスイ/精神再び』が大英博物館に常設展示されるなど、今、国内外から大きな注目を浴びている。

引用:https://www.mbs.jp/jounetsu/

アイヌと言えば細かい事は分かりませんが、過去に悲しい歴史を持つと調べていて見たことがあります。

そんな影響もあってか、今や全国の至るところでアイヌ人ということを隠して暮らしている人もいるとか!

アイヌ人は少し彫りの深い顔をしているのが特徴とか!
あの宇梶剛士さんの母親もアイヌの血をひくとかも聞いたことあります。
※つまり宇梶さんもアイヌ人の血をひいてる。

少し話がそれましたが、アイヌ人として活動をしておりそんなアイヌ文化を
継いでいるのが貝澤徹さんですね。

アイヌの血をひいておりますが、過去の事は知らないことも多く
複雑な歴史なこともあいまってか完全には伝えられていないのが分かります。

アイヌの木彫り職人として、アイヌの伝統的技法をもちい長く精進を続けております。

ゴールデンカムイなどでも知られていき、どんどんと有名になっている事が分かりますね。




北の工房つとむ店主で住所やアクセスは?

貝澤徹さんが勤めている北の工房つとむはどこにあるのか?

北の工房つとむ

北海道沙流郡平取町字二風谷74-12

8:00〜18:00

不定休

ということですので、当日にやっていないことも考えて
事前に電話なり、連泊するなりの対策は必要ですね。

お店には「ゴールデンカムイ」のファンの方々が多く訪れているようですね。

そして今回の地上波の影響も出て今後もっと行く人は増えそうですね。




ゴールデンカムイのマキリの製作者?

ゴールデンカムイのマキリって知っておりますか?

簡単に言うと武器みたいな短刀ですね。

その模様をゴールデンカムイで採用されたということですね。

これは大変うれしいことでしょうし、名誉あることですよね。

ゴールデンカムイは絵も描写も中々衝撃的ですが、あの模様は実に美しいですよね。そんな美しいのがアイヌの伝統工芸技術の賜物だと思うと、第一人者の
貝澤徹さんは凄いお方です。

繊細なディテールの裏には、貝澤徹さんの努力が組み込まれているのが分かりますよね。




木彫りの値段価格はいくら?

貝澤徹さんの木彫りの価格はいくらなのでしょうか?

調べてみましたが、値段は分かりませんでした。

手作りで木彫りなので高いのは分かりますが、10万とかいくとファンだとしても中々手が出ないのではないでしょうか?

欲しいですが、値段などが事前に分かるといいですよね。